食べて痩せる「アイスダイエット」について

皆さんはダイエット時に食べてはいけないモノを想像するときに何を思い浮かべるでしょうか。

揚げ物などの油分が多いものはもちろん。

糖質が多く含まれているものや、カロリーの高い甘いものなどが思い浮かぶと思います。

そんなダイエットの天敵というイメージがあるアイスクリームを使ったダイエット方法があります。

今までのダイエットのイメージを覆すアイスダイエットとは何なのか紹介していきたいと思います。

アイスダイエットの方法

アイスダイエットの方法はいたって簡単です

毎日の朝食を普通に食べる代わりにアイスを一つ食べるだけです。

これだけでいいのですからとても簡単ですし、誰でも出来てしまいますよね。

その他の食事に関しては普段と変わらないもので結構です。

朝にアイスだけを食べるということが重要なのです。

アイスダイエットの理屈

アイスにはもちろん脂肪分が含まれていますが、この脂肪分、ダイエットの天敵のように感じてしまい控えてしまいがちになってしまうのですが、

人間の体には適度の脂肪分は必要です。

逆に、脂肪分が足りないと体を余計な脂肪を取り込んでしまいやすくなってしまいます。

なので、アイスを食べることで適量の脂肪分をとることが必要なのです。

アイスダイエットの効果

アイスを食べると体が冷えてきますよね。

そうすることによって体内では体を温めようと働きます。

それによって代謝が増え、ダイエット効果が見込まれます。

さらに、アイスを食べることでダイエットのストレスを軽減することができます。

やっぱりダイエット中でも甘いものは食べたくなってしまいますよね。

アイスダイエットであれば、そんな欲求にもきちんと答えてくれます。

おすすめのアイス

アイスダイエットとはいいつつもアイスであれば何でもいいわけではありません。

アイスに含まれる脂肪分をちゃんと摂取できるようなものが望ましいです。

例えば、乳脂肪分を多く含んだバニラアイスなどはこのダイエットにとてもマッチしています。

逆に、

シャーベットのようなタイプのアイスでは効果はあまり期待できません。

逆に、カロリーが低いので満足感を得ることができず、ストレスを感じてしまいます。

まとめ

ダイエット中に食べるのをつい控えてしまうアイスですが、効果的に食べることでダイエットにつなげることが可能です。

食生活で無駄なストレスをためることなくダイエット効果を得ることができるアイスダイエットはかなりおすすめです。

朝はフルーツの酵素をたっぷり摂って綺麗に痩せる

朝食べると良いもの

みなさん、朝ごはんは何を食べていますか?

ダイエットを意識している人なら糖質のなるべく少ないものを食べていたり、意識してたんぱく質を摂っていたりするのではないでしょうか。

朝は沢山食べても太らない、また朝に食べると代謝が上がり痩せやすくなる等聞いた事があるかと思います。

実は、朝沢山食べすぎると腸内環境の乱れに繋がってしまいます。

朝はなるべく悪いガスを溜めないようにいろんなものを食べ過ぎないようにすると便秘にも効果的です。

そこでオススメなのが実はフルーツなのです。

フルーツは糖質の多いイメージがありますよね?

でも、フルーツに含まれる果糖は比較的血糖値を上げにくい糖質と言われており、太りにくい糖質なのです。

フルーツは空腹状態で食べなければ効果がない?

なぜ朝にフルーツを食べると良いかというと、

じつはフルーツは空腹状態で食べてこそ意味のあるものだからです。

空腹状態でフルーツを食べると

フルーツの持つ酵素を最大限身体に吸収しようとする力が働きます

よって、フルーツの持つビタミンや酵素を思いっきり身体に取り込む事ができるのです。

逆に食後や、

お腹の中に消化されていない食べ物が入った状態で

フルーツを食べてしまうと、

胃の中でフルーツの酵素が奪われてしまい、

意味がないどころか逆に胃の中を悪い状態にしてしまいます。

なので、朝1番にフルーツを摂るのがとても効果的なのです。

また、朝フルーツだけにすることでカロリーも低く抑えられるので全体的にダイエットにつながります。

おすすめのフルーツ

フルーツと言っても沢山の種類がありすよね。

中でも朝フルーツダイエットにオススメのフルーツを紹介します。

1番お勧めするフルーツはズバリ、グリーンキウイです。グリーンキウイはゴールドキウイに比べ、

食物繊維が豊富なのでビタミンだけではなく便秘に有効な食物繊維もたっぷりとれます。

また、一個食べても50キロカロリー前後なのでとてもおすすめです。

ダイエット効果を高める生活習慣

ダイエットを効果的に行うには、エステなどのプロの手を借りることも有効的です。

しかし、それだけではダイエットに成功とはいきにくいものです。

やはり自分のダイエットですので、人任せにはせず、自分でダイエットをしようという主体的な行動が必要です。

睡眠不足はダイエットを妨げる

睡眠不足になってしまうと、十分な睡眠が摂れている時に比べて、

空腹感が強くなってしまいます。

睡眠不足による体の疲労を、体がカロリー摂取することで補おうとします。

実際はそれほどカロリー不足になっていなくても、空腹感が強くなってしまうことがあります。

ダイエットを成功させるためにも、十分な睡眠を心がけるようにしたいものです。

就寝時に多少空腹感を感じても、朝起きるとそれを感じなくなっていることもあります。

食べて寝ることは避け、空腹を感じて朝、目が覚める方が体のためにも良いことです。

食事の仕方を変える

食事の時に炭水化物の食品を先に食べてしまうと、満腹になるまでつい食べ過ぎてしまうことがあります。

食事を始めてからお腹が満たされてくるまでには、しばらく時間がかかってしまいます。

そのため、早食いの人はどうしてもたくさん食べ過ぎてしまいます。

炭水化物から食べ始めると、どうしても糖質を過剰に摂取してしまいます。

それを防ぐためにも食事は野菜から食べ始めるようにしましょう。

野菜を食べているうちにお腹がある程度満足してきます。

野菜は炭水化物に比べると、カロリーも少ないので、たくさん食べてもカロリーオーバーにはなりません。

しかし、調味料などによってはカロリーが多くなってしまうので、気をつけたいものです。

野菜だけ食べていても健康的なダイエットとは言えないでしょう。

やはり体脂肪を減らして筋肉量を増やしていくには、良質なたんぱく質が必要です。

炭水化物を食べる前にたんぱく質を先に摂ることで、筋肉作りに良い食事となります。

まとめ

睡眠などの生活習慣や食事の仕方で、よりダイエット効果を高めることができます。
エステだけに頼ることなく、自宅でもダイエットを意識した生活を行うことが重要です。